デジカメとっても簡単ガイドTOP > 上手に撮影するために > 手ぶれの防止

手ぶれの防止について

写真を撮るとき、上手に撮影できない原因としてもっとも一般的なのが手ぶれだと言えるでしょう。どうすれば手ぶれは防げるのでしょうか。

デジタルカメラで撮影する時の簡単な手ぶれ防止法として、
脇を締めて撮影する
シャッターを軽めに押す
といった2つあげることができます。

脇を締めることにより、デジタルカメラの位置が定まりやすく腕によるブレが少なくなりますし、シャッターを軽く押すことは、シャッターを押した力によるブレとカメラを支える他の指に入る余分な力によるブレを防ぐことができます。

デジカメは、シャッターを押してから撮影するまでの間に、僅かなタイムラグがあります。手ぶれがどうしてもなくならないなら、連写機能を利用して手ぶれの原因を確認してみると良いでしょう。

最初の方の写真に手ぶれが少なく、後の方の写真に手ぶれが多いのなら、撮影が終わる前にカメラを動かしています。
反対に、初め方の写真に手ぶれが多いケースでは、シャッターを押す力が必要以上に強いか、デジタルカメラをきちんと固定できていないからだと推測できます。

壁や台などを利用して体を固定する
というのもブレを防ぐ良い方法です。壁にもたれて背中を固定したり、机や台などに肘や、場合によっては手首までおいてブレを防ぐのも効果があります。

これらの方法をためしてみても、まだ手ぶれが治らなくてもあきらめないでください。他にも方法はいくつかあります。
三脚を使用する
上手に写真を撮ることが職業のプロのカメラマンでも好んで使っています。
セルフタイマーを使う
台や机などの上において手から離して撮影できます。
シャッター速度をあげる
長い時間をかけて撮影をすれば手ぶれする可能性が高くなってしまいます。
他にも、デジタルカメラの持ち方を工夫してみることも大切です。

三脚が利用できるシーンでの撮影では、ほとんどの場合手ぶれは起こらないでしょうが、どうしても手で持って撮影をしなければならない場合もあります。そういった時には、手ぶれ補正機構を搭載した最新式のデジタルカメラを購入することをお薦めします。科学技術は日々発達していると言えます。デジタルカメラも例外ではありません。デジタルカメラを変えた途端に、手ぶれがない綺麗な写真が撮れることもあるんです。

 

上手に撮影するために記事一覧

手ぶれの防止

写真を撮るとき、上手に撮影できない原因としてもっとも一般的なのが手ぶれだと言えるでしょう。どうすれば手ぶれは防げるのでしょうか。デジタルカメラで撮影する時の簡単な手ぶれ防止...

ピンボケ防止と遠景の撮影法

シャッターチャンス!そう思って、デジカメで撮影した時に、いわゆるピンボケで、うまく撮れていないケースがよくありますね。例えば、暗すぎるとか、真っ白で何を撮ったのか本人にしかわか...

景色を撮るコツ

デジタルカメラで景色を撮影する時の基本は、順光の状態でオブジェクトを撮れば、きれいに撮影できます。三脚を使わずに撮影する場合は、手ぶれする心配がありますので、フェンスや電柱など...

料理を撮影するときのコツ

デジタルカメラで料理を撮影した機会があったなら、料理を撮るってなかなか難しいと感じた人も多いのではないかと思います。料理を撮影するときは、フラッシュを使うと、美味しくなさそう写るこ...

森を撮影するコツ

森には、不思議な魅力があります。デジタルカメラを持っていると、ついついシャッターを切りたくなってしまいます。新緑の美しさ、生い茂る木々とその隙間から降り注ぐ木洩れ日、紅葉、...

オークションで高く売れるための撮影のコツ

ヤフーオークションなどインターネットを利用したオークションが注目を集めています。携帯電話にさえもデジカメが付属している昨今、オークションには出品した実物の画像は不可欠ですし、 ...

山を撮影するコツ

山を撮影すると一口に言っても、平野部から遠くに見える山並みを撮る場合と、それを背景にする場合、山にハイキングやドライブに出かけ、その中で撮る場合など、いろいろなケースがあります。 ...

海を撮影するコツ

海は広いな大きいな…♪という童謡がありますが、本当に海というのは、キレイで大きくて、神秘的です。よく晴れた日の海は、水面のキラキラとした輝き、海の蒼と空の青とが、まるで...



経済