デジカメとっても簡単ガイドTOP > 上手に撮影するために > 山を撮影するコツ

山を撮影するコツについて

山を撮影すると一口に言っても、平野部から遠くに見える山並みを撮る場合と、それを背景にする場合、山にハイキングやドライブに出かけ、その中で撮る場合など、いろいろなケースがあります。

山を背景にして、家族や仲間を撮影したい場合、美しい山がせっかく背景としてあるのですから、
人も山も綺麗に撮りたいと言うのが、撮影する人の心情でしょう。
けれども、実際に撮って見るとそんなに巧く撮影できていないケースが多いようです。
実は、人も山も綺麗に撮影できる方法があるのです。
まず、
人に焦点を合わせるようにレンズを人に向けてシャッターを半押し、ランプがついたらレンズを少しだけ上に向けて長押するのです
この方法を利用すると、人が草花に代わっても、上手に撮影することができます。

山の中の撮影で、
可憐な草花の撮影を行いたい場合には、マクロレンズを使いましょう
被写体となる草花は小さくて、アップで撮影するのが普通です。そうなると手ぶれが起こりやすくなってしまいます。マクロレンズの中でも標準の50mmは、100mmよりも、ブレやピンボケといった問題も発生しにくく、使いやすいため、慣れない人は50mmを使うことをオススメします。

さて、カメラを大切にすることも、写真を撮る人にとって大切なこと、山の中にデジタルカメラを持ち込む際の注意点をあげてみます。冬場の山では気温が低くなります。氷点下になることもあるでしょう。そんな時期の山にデジカメを持っていくことを考えているのなら、
結露を防ぐため、防水加工したものか、または、防水ケースがおすすめです
もし、防水対策ができないのであれば、結露水に注意して、こまめにふき取る必要があります。また、寒冷地では電池の消耗も早いので、予備の電池も忘れないようにしてください。

最後に山で撮影する際のエチケットとして知っておきたいことがあります。
せっかくの素晴らしい自然環境の中にいるのですから、
三脚を使用して撮影を行う場合は、草花に迷惑のかからない場所に設置しましょう
どうしても三脚を使いたいのなら、岩や土の場所を選んで三脚を固定し、ほかの草花に対する気遣いも忘れないようにしてください。
 

上手に撮影するために記事一覧

手ぶれの防止

写真を撮るとき、上手に撮影できない原因としてもっとも一般的なのが手ぶれだと言えるでしょう。どうすれば手ぶれは防げるのでしょうか。デジタルカメラで撮影する時の簡単な手ぶれ防止...

ピンボケ防止と遠景の撮影法

シャッターチャンス!そう思って、デジカメで撮影した時に、いわゆるピンボケで、うまく撮れていないケースがよくありますね。例えば、暗すぎるとか、真っ白で何を撮ったのか本人にしかわか...

景色を撮るコツ

デジタルカメラで景色を撮影する時の基本は、順光の状態でオブジェクトを撮れば、きれいに撮影できます。三脚を使わずに撮影する場合は、手ぶれする心配がありますので、フェンスや電柱など...

料理を撮影するときのコツ

デジタルカメラで料理を撮影した機会があったなら、料理を撮るってなかなか難しいと感じた人も多いのではないかと思います。料理を撮影するときは、フラッシュを使うと、美味しくなさそう写るこ...

森を撮影するコツ

森には、不思議な魅力があります。デジタルカメラを持っていると、ついついシャッターを切りたくなってしまいます。新緑の美しさ、生い茂る木々とその隙間から降り注ぐ木洩れ日、紅葉、...

オークションで高く売れるための撮影のコツ

ヤフーオークションなどインターネットを利用したオークションが注目を集めています。携帯電話にさえもデジカメが付属している昨今、オークションには出品した実物の画像は不可欠ですし、 ...

山を撮影するコツ

山を撮影すると一口に言っても、平野部から遠くに見える山並みを撮る場合と、それを背景にする場合、山にハイキングやドライブに出かけ、その中で撮る場合など、いろいろなケースがあります。 ...

海を撮影するコツ

海は広いな大きいな…♪という童謡がありますが、本当に海というのは、キレイで大きくて、神秘的です。よく晴れた日の海は、水面のキラキラとした輝き、海の蒼と空の青とが、まるで...



経済