デジカメとっても簡単ガイドTOP > 上手に撮影するために > 海を撮影するコツ

海を撮影するコツについて

海は広いな大きいな…♪
という童謡がありますが、本当に海というのは、キレイで大きくて、神秘的です。
よく晴れた日の海は、水面のキラキラとした輝き、海の蒼と空の青とが、
まるで協奏曲を奏でているような美しいコントラスト、
そして砂浜で遊ぶ家族の笑顔、どれもシャッターを押したくなるオブジェクトだと思います。

夏の晴れた日に、海岸べりで撮影した写真は、綺麗な色に出来上がることが多く、
印刷しても納得できるものが多くて、夏になるのを楽しみにしています。

さて、そんな魅力的な海ですが、デジカメを持っていく時には、気をつけていたいことがあります。
まず誰もが思い付くのが、水に対する対策でしょう。
防水カメラの場合は、問題ありませんが、そうでない場合は
防水ケースを用意しておけば
ぬれて故障するという心配はなくなります。
探してみると、ほとんどのデジカメに対応している防水ケースを見つけることができます。
お値段の方も、3千円台からとお手軽で、水深5mまでなら水中の撮影も可能です

海にデジカメをもっていく時に、注意しなければならないのは、実は水だけではありません。
海の撮影では、特に夏場ですと
砂・塩分・温度(直射日光)に気をつけておく必要があります
砂や塩分は気を付けていても、意外とデジカメが高温に弱いということを忘れているような気がします。
メーカーのデジタルカメラの動作保証温度は、0〜40度くらいの場合が多く、
日射しを遮るものがほとんどない真夏の海岸では、40度を超えるのは当たり前です。
タオルなどにくるむだけでも大きく違います

海では、逆光とか手ぶれなど一般的な注意事項に注意すればキレイな写真を撮りやすいので、
それよりも、カメラを大切にすることを考えておきたいものです

 

上手に撮影するために記事一覧

手ぶれの防止

写真を撮るとき、上手に撮影できない原因としてもっとも一般的なのが手ぶれだと言えるでしょう。どうすれば手ぶれは防げるのでしょうか。デジタルカメラで撮影する時の簡単な手ぶれ防止...

ピンボケ防止と遠景の撮影法

シャッターチャンス!そう思って、デジカメで撮影した時に、いわゆるピンボケで、うまく撮れていないケースがよくありますね。例えば、暗すぎるとか、真っ白で何を撮ったのか本人にしかわか...

景色を撮るコツ

デジタルカメラで景色を撮影する時の基本は、順光の状態でオブジェクトを撮れば、きれいに撮影できます。三脚を使わずに撮影する場合は、手ぶれする心配がありますので、フェンスや電柱など...

料理を撮影するときのコツ

デジタルカメラで料理を撮影した機会があったなら、料理を撮るってなかなか難しいと感じた人も多いのではないかと思います。料理を撮影するときは、フラッシュを使うと、美味しくなさそう写るこ...

森を撮影するコツ

森には、不思議な魅力があります。デジタルカメラを持っていると、ついついシャッターを切りたくなってしまいます。新緑の美しさ、生い茂る木々とその隙間から降り注ぐ木洩れ日、紅葉、...

オークションで高く売れるための撮影のコツ

ヤフーオークションなどインターネットを利用したオークションが注目を集めています。携帯電話にさえもデジカメが付属している昨今、オークションには出品した実物の画像は不可欠ですし、 ...

山を撮影するコツ

山を撮影すると一口に言っても、平野部から遠くに見える山並みを撮る場合と、それを背景にする場合、山にハイキングやドライブに出かけ、その中で撮る場合など、いろいろなケースがあります。 ...

海を撮影するコツ

海は広いな大きいな…♪という童謡がありますが、本当に海というのは、キレイで大きくて、神秘的です。よく晴れた日の海は、水面のキラキラとした輝き、海の蒼と空の青とが、まるで...



経済