デジカメとっても簡単ガイドTOP > 子供を撮影 > 子供をうまく撮影するコツ

子供をうまく撮影するコツについて

子供の写真を上手にデジタルカメラで撮影したいと思っても、なかなか難しいものですよね。
活発に動き回るし、瞬間的に見せてくれる抜群に良い表情をカメラに収めたいし…。
デジカメでお子さんを撮影する時に、覚えておくと便利なちょっとしたコツを紹介してみます。

じっとしていない子供、動き回っているから余計に可愛いといえるでしょう。
そんなお子さんを上手に撮影したいなら、
シャッタースピードをあげてフラッシュを使いましょう
手ぶれ防止のために三脚を使っても、デジタルカメラに手ぶれ防止機能が付いているからといっても、
肝心の被写体が動いていたら意味をなしません。シャッタースピードをあげてより瞬間をとると、
きれいに撮れます

その時に注意しなければならないことは、フラッシュをたくということです。フラッシュを併用しなければ、場合によっては暗いだけの写真になってしまいます


撮影する場所によっては、フラッシュが使えないこともあるでしょう。
そんな場合は、
ISO感度をあげてみてください
ただ、ISO感度はあげすぎると、反対に画質が悪くなってしまいます。ごく限られた機種には、ISO感度をあげても、画質が悪くならない機能がついています。この機能を利用する必要があると思われる方は購入する際によく確認しましょう。

デジタルカメラによっては、人の顔を認識し、きれいに撮れるように自動補正してくれる機能を搭載しているものもあります。少し設定をいじるだけで、顔にかかった影を消してくれてきれいに撮影できるのです。
他にも、レリーズタイムラグ(シャッターを押してから撮るまでの時間の差)がなるべく短いデジタルカメラを選ぶと、シャッターチャンスを逃がさずにすむでしょう
また、連写機能がついていると、連写した多くの中からベストな1枚を選ぶことができます

先に書いたことからデジタルカメラを眺めてみると、
子供を上手に撮影したい場合には、五万円前後の高機能なものを選ぶのが無難だといえるでしょう
 

子供を撮影記事一覧

子供をうまく撮影するコツ

子供の写真を上手にデジタルカメラで撮影したいと思っても、なかなか難しいものですよね。活発に動き回るし、瞬間的に見せてくれる抜群に良い表情をカメラに収めたいし…。デジカメでお...

運動会の撮影

運動会は、いまや俄カメラマン集合場所になっています。大事な我が子の一大イベントですから、カッコいい姿、可愛い笑顔を撮影したいのは当然のことだと思います。親だけではなく、お婆ちゃんや...

子供のスポーツシーンを撮影するコツ

デジタルカメラで動いているものをうまく撮影するのは、初心者には難しいものです。それも子供が活躍する、野球、サッカー、ミニバス、バレーボールなどスポーツの撮影となると、なおさ...

子供を撮影する時のデジカメの長所と短所

今は、カメラといえばデジカメが標準の時代になったと言えるでしょう。フィルムを入れて撮影するカメラを持っている人はほとんどみかけなくなりました。デジカメには、魅力的な点がたく...

誕生日の風景の撮影

誕生日は、年に一度のもの。それが我が子の誕生日なら、成長の記録を写真に収めたいのは当たり前でしょう。例え、休日の度に、撮影していても、誕生日は、特別な日ですから。誕...



経済