デジカメとっても簡単ガイドTOP > 子供を撮影 > 子供を撮影する時のデジカメの長所と短所

子供を撮影する時のデジカメの長所と短所について

今は、カメラといえばデジカメが標準の時代になったと言えるでしょう。
フィルムを入れて撮影するカメラを持っている人はほとんどみかけなくなりました。
デジカメには、魅力的な点がたくさんあるので、これも当然の事かもしれませんね。

デジカメで撮影する利点(長所)を考えてみると

撮影した直後に画像を確認できる

という点が挙げられるでしょう。
撮影した子どもの写真の出来映えをすぐに確認できるのは、安心できます。
ピントがあっていなかったり、表情が気にいらなければ、
即座に消去して撮り直すことができるので、
失敗作まで現像してしまうことはありません。

データとして、ずっと保管できる

これもデジカメの大きな利点だと言えますね。
印刷しなくても見ることが出来ますし、色あせすることもありません。
わざわざ郵送しなくてもメールに貼り付けて送れます。
また、ブログを利用すれば、たくさんの人に公開する事も可能です。


そんな便利なデジカメですが問題点(短所)もあります。

瞬間を捕らえるのが難しい

子どもの魅力は、その時々の仕草や表情にあります。その魅力的な表情は一瞬である場合も多いのです。
けれどもデジカメの場合は、その一瞬を逃してしまうことが多いのです。
「シャッターチャンス!」と思い、慌て電源を入れても、すぐには撮影できません。
撮影した直後も、データを記録するのに時間を要しますので、
続けて撮影したいケースには不向きだといえます。

価格が高い

最近では、デジカメは随分安くなってきましたが、カメラとして同じ程度の機能をもつ従来品よりまだ高いといえます。


以上のような点から考えると、入園式や入学式、音楽発表会など予め順番が決まっていて、
動きの少ないケースでは、比較的購入しやすい価格帯のデジカメで満足した写真が撮れるでしょう。

反対に自分の子どもの順番がわからなかったり、例えプログラムが決まっていても
動きが激しいイベントでは、購入しやすい価格帯のデジカメだけでは満足した撮影は、難しいかもしれません。
少し高級な機種のデジカメを購入して、練習すれば、上手く撮れるようになります。購入する際の注意点は、シャッターを押してからのタイムラグが短いデジカメや連写機能がついているタイプのものを選びましょう。
 

子供を撮影記事一覧

子供をうまく撮影するコツ

子供の写真を上手にデジタルカメラで撮影したいと思っても、なかなか難しいものですよね。活発に動き回るし、瞬間的に見せてくれる抜群に良い表情をカメラに収めたいし…。デジカメでお...

運動会の撮影

運動会は、いまや俄カメラマン集合場所になっています。大事な我が子の一大イベントですから、カッコいい姿、可愛い笑顔を撮影したいのは当然のことだと思います。親だけではなく、お婆ちゃんや...

子供のスポーツシーンを撮影するコツ

デジタルカメラで動いているものをうまく撮影するのは、初心者には難しいものです。それも子供が活躍する、野球、サッカー、ミニバス、バレーボールなどスポーツの撮影となると、なおさ...

子供を撮影する時のデジカメの長所と短所

今は、カメラといえばデジカメが標準の時代になったと言えるでしょう。フィルムを入れて撮影するカメラを持っている人はほとんどみかけなくなりました。デジカメには、魅力的な点がたく...

誕生日の風景の撮影

誕生日は、年に一度のもの。それが我が子の誕生日なら、成長の記録を写真に収めたいのは当たり前でしょう。例え、休日の度に、撮影していても、誕生日は、特別な日ですから。誕...



経済