デジカメとっても簡単ガイドTOP > 一眼レフデジタルカメラ > 一眼レフデジカメどんなものを選べばいいの?

一眼レフデジカメどんなものを選べばいいの?について

一眼レフデジタルカメラも最近では種類も豊富になってきました。
初めて手に入れようと思っていらっしゃる方は、おそらく迷うでしょう。
一眼レフデジタルカメラが初めての方は、初心者向け機種を選ぶのがことをオススメします。

本体の大きさが小ぶりで、操作方法が簡単そうなものが、おすすめです
本体が大きいということは重くなるので、
ちょっとしたお出掛けの際に、持ち歩くのには、少々邪魔になったりします。
また、操作方法がややこしい機種では
積極的に使用してみるという意欲までも消失してしまう可能性もあります
それなりに年をとられて、取扱説明を読むことに抵抗を感じてしまっているという方は、くれぐれも注意して下さい。

CCD」と「CMOS」はフィルムカメラのフィルムの役割を果たしています。
CCDとCMOSに関しては、ある程度大きいものを選んで下さい
CCDとCMOSは、デジタルカメラの機能の中枢ともいえる部分で、
光がレンズを通過し、その光を電気信号に変換する部分です。
画素数という言葉はよく耳にすると思いますが、
これは、光を感知するための小さな点の数を表していおり、
CCDやCMOSにその小さな点は存在します。
点の数が大きいCCDやCMOSを搭載しているデジタルカメラほど、
高画質なカメラだと言うことになります。
初心者の方が選ぶ場合は、600〜800万画素くらいの機種を目安にすればいいでしょう。
また、点の大きさにも注意が必要です。
サイズが大きなCCDやCMOSを搭載している方が、高い画質の撮影が可能なのです。

光を感知する点の数と大きさが画質を決定するのですが、
初心者の場合、それだけでは上手く撮影できないことが、ほとんどです。
初心者が撮影しようとすると手ぶれ起こります。
ですから、手ぶれ補正機能がついているものを選んでください。
この機能自体は、カメラの本体に付属しているタイプと、レンズについているタイプの2種類あります。
レンズについている機種の場合、レンズを交換して使用したときに手ブレ補正は機能しません。
ですから、できることなら、手ぶれ補正機能は本体についたタイプの機種を選択した方がよいでしょう

一眼レフデジタルカメラを選ぶにはこちらからどうぞ!
 

一眼レフデジタルカメラ記事一覧

一眼レフデジカメどんなものを選べばいいの?

一眼レフデジタルカメラも最近では種類も豊富になってきました。初めて手に入れようと思っていらっしゃる方は、おそらく迷うでしょう。一眼レフデジタルカメラが初めての方は、初心者向...

一眼レフデジタルカメラの比較

一眼レフデジタルカメラの進化は目を見張るものがあります。最近の普及タイプでも1000万画素の大台に突入しました。画質を見てみると、不満な要素はほぼ解消されたといっても良いと...

一眼レフカメラの撮り方

一眼レフデジタルカメラの撮影の方法といっても、デジタルカメラでもフィルムカメラでも、カメラで撮影する基本は固定することから始まります。固定する事で、手ブレを防ぐことができる...



経済