デジカメとっても簡単ガイドTOP > 一眼レフデジタルカメラ > 一眼レフデジタルカメラの比較

一眼レフデジタルカメラの比較について

一眼レフデジタルカメラの進化は目を見張るものがあります。
最近の普及タイプでも1000万画素の大台に突入しました。
画質を見てみると、不満な要素はほぼ解消されたといっても良いと思います。
少し前までは、画素数競争、価格破壊などで熾烈な競争を繰り広げていましたが
今は一段落して、手ブレ補正などの機能面を拡張しながら
付加価値で差別化を図ろうとしているようです

色々ある一眼レフデジタルカメラを比較してみると、デジタル部の性能向上はさており、
カメラ本来の使い易さ、例えばファインダーの見やすさといった部分を重視する機種が増えてきています

一眼レフデジタルカメラの中級モデルと入門モデルを比較してみます。
中級モデルは、ボディだけで10万円〜20万円で購入でき、
初心者向けの入門モデルは、交換レンズをセットにしたキットモデルでも、10万円以下で購入できます

機能面では、
 一度の連写時に撮影可能な枚数
 自動でピントを合わせの速度
 ファインダーからのぞいた画角とプリント写真の画角の違い
といったようなところでしょうか。
使用方法によっては、ほとんど違いを気にする必要がない部分であるとも言えるでしょう。

一眼レフデジタルカメラが売れ行き好調な理由は、数年前に比べて、価格がはるかに安価になったこと。
さらに、コンパクトカメラよりも作品性の高い写真が撮れる事などでしょう。
以前から使いなれたフィルムカメラと同じ操作感覚の機種が増えた事。
なお、入門モデルには、使用方法等の面で撮影をアシストしてくれる機能が充実している機種もあります

どんな風に使用したいのかということと、どの程度の知識があるのかを考えながら、
目的にあった一眼レフデジタルカメラを選びましょう。

一眼レフデジタルカメラを選ぶにはこちらからどうぞ!
 

一眼レフデジタルカメラ記事一覧

一眼レフデジカメどんなものを選べばいいの?

一眼レフデジタルカメラも最近では種類も豊富になってきました。初めて手に入れようと思っていらっしゃる方は、おそらく迷うでしょう。一眼レフデジタルカメラが初めての方は、初心者向...

一眼レフデジタルカメラの比較

一眼レフデジタルカメラの進化は目を見張るものがあります。最近の普及タイプでも1000万画素の大台に突入しました。画質を見てみると、不満な要素はほぼ解消されたといっても良いと...

一眼レフカメラの撮り方

一眼レフデジタルカメラの撮影の方法といっても、デジタルカメラでもフィルムカメラでも、カメラで撮影する基本は固定することから始まります。固定する事で、手ブレを防ぐことができる...



経済