デジカメとっても簡単ガイドTOP > 一眼レフデジタルカメラ > 一眼レフカメラの撮り方

一眼レフカメラの撮り方について

一眼レフデジタルカメラの撮影の方法といっても、デジタルカメラでもフィルムカメラでも、
カメラで撮影する基本は固定することから始まります
固定する事で、手ブレを防ぐことができるのです。

手ぶれをしない秘訣は、正しい姿勢で撮影をすることなのです。
撮影の瞬間、知らずに起こる手ブレ、カメラが動きにくい構え方を身につけることで、
かなりの割合で解消することができます。
まずは、自分の体に密着させて撮影することを心掛けて下さい

正しい構え方を説明してみますと、
左手にカメラを乗せて右手でカメラをしっかり固定する
被写体をのぞくファインダーを眉にぴったりとあてて、両脇をしめます
こうすることで両手と顔の3点で、カメラを固定することができるのです。
カメラ本体の動きは、脇を締めることで制限され、手ブレすることが少なくなります。
カメラの向きを変えて撮影するケースもありますが、同じようにして撮影します。
低い位置から被写体を狙う時は、片ひざを地面につけて
身体がブレないようにしてください。

こんな風に、どんな位置から撮影する場合でも、
自分の体が動きにくい体勢をとると、手ぶれの大部分を防ぐことが出来ます

そして、シャッターを切る前に、
一度半分程度押して、ピントを合わせるのが、上手に撮影するコツです
これを半押しと呼んでいます。
半押しすることで、カメラは、
撮影モードや露出、彩度ほか、色々な情報を判断し、
次の本当にシャッターを押して撮影する態勢が整います

半押した後は、カメラを動かさずに、シャッターを深く押してください。

一眼レフデジタルカメラを選ぶにはこちらからどうぞ!
 

一眼レフデジタルカメラ記事一覧

一眼レフデジカメどんなものを選べばいいの?

一眼レフデジタルカメラも最近では種類も豊富になってきました。初めて手に入れようと思っていらっしゃる方は、おそらく迷うでしょう。一眼レフデジタルカメラが初めての方は、初心者向...

一眼レフデジタルカメラの比較

一眼レフデジタルカメラの進化は目を見張るものがあります。最近の普及タイプでも1000万画素の大台に突入しました。画質を見てみると、不満な要素はほぼ解消されたといっても良いと...

一眼レフカメラの撮り方

一眼レフデジタルカメラの撮影の方法といっても、デジタルカメラでもフィルムカメラでも、カメラで撮影する基本は固定することから始まります。固定する事で、手ブレを防ぐことができる...



経済