デジカメとっても簡単ガイドTOP > デジカメ最新機種 > SONY サイバーショット DSC-RX1

SONY サイバーショット DSC-RX1について

コンパクトデジタルカメラのことを略してコンデジと言います。そんなコンデジ市場で、ソニーが大逆転を狙った商品を打ち出しました。その名は、サイバーショット DSC-RX1です。

ソニーは、高級コンデジ市場で、他社に先んじられていましたが、プロ向けの35mmフルサイズの撮像素子を搭載し、世に送り出したのです。この商品で、SONYは、最高画質のコンデジを目指しました。そのために、小型ボディのなかにフルサイズCMOSイメージセンサーを採用。その面積はこれまでのコンデジのCMOSイメージセンサーの35倍、これを幅113.3mm×高さ65.4mm×奥行69.6mmの中に詰め込みました。

サイバーショット DSC-RX1で撮影した写真は、画角の周辺部までゆがむことなく映し出されています。またF2.0という明るいレンズと相まって、絞りを全開にしたときのボケも柔らかく、キレイに表現されています。マニュアル操作も使いやすく、光学ビューファインダーなどのアクセサリーも十分に満足できるものです。

絞りやフォーカスの調節がレンズに付いていて、アナログカメラファンにも納得できる使い心地に仕上がっています。

コンデジですから、もちろん動画機能も付いていて、これにはハンディカムのチームが応援し、ソニーの技術を結集したカメラだと言えるでしょう。


サイバーショット DSC-RX1
重さ:482g   
撮像素子:35mmフルサイズCMOS 約 2,430万画素
ISO感度(静止画) ISO 100-25600
シャッタースピード:30-1/4000秒
バッテリー使用時間 
静止画:約270枚(LCD表示画質標準) 
動画:約60分(連続撮影時)


            
 

デジカメ最新機種記事一覧

SONY サイバーショット DSC-RX1

コンパクトデジタルカメラのことを略してコンデジと言います。そんなコンデジ市場で、ソニーが大逆転を狙った商品を打ち出しました。その名は、サイバーショット DSC-RX1です。...



経済